tni-setup.exe
バージョン3.0.0 ビルド1596
日付: 2014.04.28
サイズ: 26 MB
OS: Windows 全バージョン
60日間無料

Total Network Inventory 2,PC監査とソフトウェアインベントリーソリューションの紹介。


最新ニュース

16 六月 2014
TNI 3.1.0: The Change Log

When you rescan an asset that has already been scanned in the past, you probably want to get the...

すべてをスキャンする

Microsoft Windowsベースコンピュータ – NT 4以降 スキャンテクノロジー 収集データ
Linuxベースコンピュータ スキャンテクノロジー 収集データ
Apple Mac OS Xベースコンピュータ. スキャンテクノロジー 収集データ
SNMPプロトコルをサポートしているあらゆるネットワーク機器 収集データ

必要なものは?

管理者パスワードだけです。ネットワーク監査のためにリモートコンピュータにエージェントをインストールする必要はありません、他の準備も一切不要です。Total Network Inventory 2を一台のコンピュータにインストールすれば、ネットワーク全体の情報を数分で処理できます。

スマート スキャナー

スキャンするものをプログラムに入力するだけで、ネットワーク探索を開始。IPレンジ内のノードをすべて検出し、ワークグループのコンピュータをリストアップし、ドメイン構造を抜き出します。ノードを選択して、シングルアセットまたはグループのログイン情報とパスワードを指定し、[スキャン開始(Start scan)]をクリックします。

スキャンは数分で終了し、収集されたデータはTNI 2のストレージに格納されます。PC用、Mac用のインベントリーが用意されています。

集中ストレージ

TNI 2ストレージはハードドライブ上の一般的なフォルダです。そこに各コンピュータを表す大きさ約35KBのファイルができます。このファイルは簡単に別のストレージに移動またはバックアップできます。このストレージフォルダを共有すれば、他のコンピュータから操作することもできます。

ハードウェアアカウントに必要なものすべて

お使いのコンピュータに注意事項、インベントリー番号、補足テキスト、価格、日付フィールドを付加。データはいつでも手元にすべて一括で格納されます。未だかつてこれほど簡単でフレキシブルなハードウェアインベントリーはありませんでした。

一目で分かるネットワーク

ネットワークツリーにはさまざまな情報が表示できます。ネットワーク名、IPアドレス、インベントリー番号、OSのアイコンと名前、オンライン状態インジケータなど。Total Network Inventory 2は仮想システムを自動的に検出してマークします。これらのデータはすべて検索に使用できるので、コンピュータに付いて何かが分かっていれば、たくさんのコンピュータの中から瞬時にその一台を検出できます。

常に整理の行き届いたデータ

スキャンしたコンピュータを、一台一台目の前にあるかのように検証できます。

レポートの便利なカテゴリを見れば、ハードウェア、OS、インストールされているソフトウェア、アンチウィルスソフト、ユーザーアカウント、その他の詳細な情報が分かります。

一つのレポートに入れるコンピュータの台数やカテゴリ数に制限はありません。

表形式レポート

レポートコンストラクタはあらゆる既存のアセットインベントリーデータを、便利で分かりやすい表にまとめます。どのデータをレポートに入れるかは正にユーザー次第です。

インスタントサーチ

検索結果は条件を入力している途中に表示されます。ムダなクリックは必要ありません。

印刷とエクスポート

すべてのリポートは簡易版または詳細版で印刷したり、表計算にコピーしたり、PDF、RTF、ODT、HTML、その他のフォーマットにエクスポートすることができます。

ネットワーク内のすべてのソフトウェアを一か所に

スキャンしたすべてのコンピュータにインストールされているアプリケーションは一つの巨大なリストにまとめられます。そのうちの一つを検索するには、インスタントサーチにチェックを入れるだけです。

ソフトウェアごとに、見つかったコピーの数が分かります。実際にそのソフトウェアをインストールしているコンピュータはシングルクリックでリストアップされます。当然そこには、ライセンスキーもリストされています。

グループ、フィルター、タグ

アプリケーションにタグを付け、星印の付いた重要なアイテムをマークし、除外するアイテムは非表示にしてソフトウェア インベントリー管理を容易にします。ソフトウェアのグループは手作業で作成する以外にも、正規表現を使って自動的にグループ化することも可能です。表示されているリストの内容は、フィルターを使って、その時見たいものだけに絞り込むことができます。

簡易レポート

フィードバック

プログラムのバグ報告、機能に対する意見、機能追加要求などは、以下にご記入ください。

技術白書
良くある質問
マニュアル
フォーラム
試用版の制限
パンフレット
無料アップデート